2013年12月18日

シルエットカメオで手帳用シール

カメオで作ったステッカーの画像を見た友人が『手帳に貼るちまっとしたシールがほしい』とコメントをくれたので、試しに作ってみました。

schedule seal simple
カラー無地

schedule seal dot&stripe
ドット&ストライプ

schedule seal colorful
ちょっとだけ凝って色付けしたもの

schedule seal mix
ぺたぺた貼ってみました

各ピースは、全て1cm四方に収まるくらいのサイズです。
カップの持ち手部分など、細かいところもキレイにカットできました!

マットな透明フィルムラベル用紙を使用したので、書き込める透明付箋のような質感です。
剥離紙が方眼の用紙は印刷がずれたので、紙カップから下のカットもずれてしまいました( ´Д`;
ずれが直せたら友人にプレゼントします。
(私信:もうちょい待っててね〜!)
手順を簡単に書くと、こんな感じです。

【Inkscape】で簡単なベタ塗りのイラストを描き、png形式で保存

イラストをカメオの付属ソフト【Silhouette Studio】に挿入し、トレースしてカットラインを作製、複製

【Silhouette Studio】の塗りつぶし機能を使用したり、パターン画像を挿入したりして背景に色を付ける

【Silhouette Studio】から印刷、カット

カッターなどで地道にいらない部分をはがす

ベタ塗りのイラストは【Silhouette Studio】でも描けそうですが、使い慣れている【Inkscape】で描きました。
シルエット素材を利用すると手っ取り早いと思います。

<使用したもの>

剥離紙が白いラベル用紙:
ナカバヤシ【PICTACK 透明フィルムラベル マット】
型番 JPLT-PCK はがきサイズ 7枚入り
カメオの設定→ブレード:1 スピード:3 厚み:9

我が家のプリンタ【PIXUS MP990】では、印刷途中に用紙が曲がってしまうことがあり、ひどい時はラベル部分が剥離紙からはがれ、4分の1ほどがぐちゃぐちゃになって出てきました( ̄□ ̄;
また、無地のベタ塗りをすると、後トレイのローラーに触れる中央部分だけインクの乗りが悪くなりました。
パターンだと大丈夫なのですが…
質感はとてもいいラベル用紙なので、端をテープで留めるなど対策をして使いたいです。


剥離紙が方眼のラベル用紙:
KOKUYO 【フィルムラベルシート つや消し透明】
型番 KJ-2210 A4サイズ 10枚入り
カメオの設定→ブレード:1 スピード:3 厚み:11

先に紹介したPICTACKの用紙より厚みがあります。
A6サイズにカットして使用しました。
こちらも、印刷途中に用紙が若干曲がる現象が…
購入したての頃にもフィルム系の用紙でトラブルが起きたことがあるので、我が家のプリンタはツルッとしたはがきサイズの用紙に弱いのかもしれません(--;
posted by たれ at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | handmade | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック